4/20(Fri) The Church of Trance @ UNIT B3F Saloon DJピックアップ 第3弾!


4.20(金)に代官山UNITで開催される"The Church Of Trance feat. John Askew & Scott Bond"

Trance & Progressiveの名曲を中心としたフロア "ONE and ONLY vs. Trancetimes"のDJピックアップ第三弾は福岡で活躍中のDJ Barbie and STANLLIEによるB2Bプロジェクト "KULAGE"のお2人をご紹介。Trancetimesからの推薦による実力派です。
 
今回は福岡のクラブシーンにおいてトランスのみならず多くのパーティーで支持を受けるDJ BarbieがAnjunabeatsの名曲をご紹介。彼女自身がUKに留学した際、COTでもお馴染みMark Landraginのパーティー"Trance Sanctuary"でDJとしても活躍しておりました。今回は同じくUKの名レーベルAnjunabeatsから2000年代中期の名曲をピックアップ。

DJ Barbie [KULAGE,CAERULEUM]
https://www.facebook.com/DJbarbie.fukuoka
https://www.mixcloud.com/DJbarbiefukuoka/

-DJ Barbie Reccomend-
Cara Dillon vs 2Devine - Black Is The Color (Above & Beyond Divine Intervention Remix) [Anjunabeats]

もともとはスコットランド民謡で、アメリカへ移住したスコットランド移民によってアパラチア山脈の麓で歌い継がれていた曲のようです。様々な人に歌われているのですが、それぞれでアレンジしている為、歌詞やメロディーにバラつきがあります。 例えば、スコットランド民謡の歌詞では『彼』と表現されているところが、Cara Dillonは『彼女』で歌っていたり、Nina Cimoneに関しては歌い方が独特な為同じ曲と思えないメロディーになっていたりと、様々なパターンがあるのでその違いを聞いてみるのも面白いかもしれません。 このCara Dillonが歌う切なさを誘うメロディーを、上手にダンスミュージックへとアレンジしているAbove & Beyondはさすがの一言。歌が始まるまでのメロディーの繰り返しは、心をざわつかせるだけでなく『何かが始まる予感』を感じさせ、歌への注意力や期待を高めます。そして、その期待に見事に応えるCara Dillonの歌声は、透明感の中にかわいさがあって、そのかわいさが切ないメロディーに拍車をかけ、心にぐっと歌詞を染み渡らせ涙を誘います。 4/20は、この曲で皆さんと一緒に泣きたいと思います笑 よろしくお願い致します^ ^

KULAGE 10.03.2018 TRANCE SANCTUARY 7TH BIRTHDAY @ EGGLONDON